コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下町ロケット シタマチロケット

2件 の用語解説(下町ロケットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

したまちロケット【下町ロケット】

池井戸潤の小説。倒産の危機にある下町の町工場で働く人々が、ロケットエンジンの部品の供給に挑む姿を描く。平成22年(2010)刊行。同年、第145回直木賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

下町ロケット

精密機械を製造する町工場を舞台にした池井戸潤の企業小説。2008年から09年にかけて「週刊ポスト」(小学館)に連載された後、10年11月に単行本化された。11年に第145回直木賞を受賞。15年11月現在、累計150万部を超えている。また、続編の「下町ロケット2 ガウディ計画」が、15年10月に朝日新聞の広告特集で連載を開始、11月には小学館から刊行された。
主人公・佃航平は、開発に携わったロケットの打ち上げ失敗をきっかけに、研究者を辞めて家業の佃製作所を継いだ異色の経営者。エンジン部品の製品開発で業績を伸ばしていたが、大口取引を一方的に打ち切られたり、特許侵害で訴えられたり、銀行に融資を断られたりするなど、次々と危機に見舞われる。そこへ、ロケット開発に佃製作所が持つ特許技術を必要とする帝国重工が、足元を見た提案を持ちかけてくる。横暴とも思えるやり方で迫ってくる大企業に、中小企業が夢とプライドにかけて立ち向かい、自社の部品でロケット打ち上げを実現する姿が、企業内部の人間模様や佃の家族との関係などを織り交ぜて描かれている。
11年にはWOWOWで、12年3月にはTBSラジオドラマ化された。15年10月からは、阿部寛主演で、TBS系「日曜劇場」枠で続編と併せて全10回のテレビドラマとして放映されている。この枠では、池井戸作品を原作とする「半沢直樹」(13年)、「ルーズヴェルト・ゲーム」(14年)が、「下町ロケット」と同じ脚本家・演出家の下で制作され高視聴率を上げており、「下町ロケット」も好調に推移している。

(原田英美 ライター/2015)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下町ロケットの関連キーワード池井戸潤危機遺産麴町の井戸下町風踏み堪える麹町の井戸鉄の骨ルータ王国の危機消滅の危機にさらされている言語《世界の危機》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下町ロケットの関連情報