下金屋(読み)シタガネヤ

大辞林 第三版の解説

したがねや【下金屋】

江戸時代、金銀の地金を売買する商人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

したがね‐や【下金屋】

〘名〙 江戸時代、幕府から公認された金銀などの地金商人。各地方から買い集めた金銀を、金座・銀座に売り込むことを職業とした人。また、その家。
※談義本・根無草(1763‐69)前「極楽の先生釈迦如来の黄金のはだへまで、潰(つぶし)に掛て下金屋(シタガネや)へ売りてやり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android