金屋(読み)かなや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金屋
かなや

和歌山県のほぼ中央,有田川町西部の旧町域。有田川中流域に広がる。 1955年鳥屋城村,石垣村,五西月村が合体して町制。 1959年岩倉村の一部を編入。 2006年吉備町,清水町と合体して有田川町となる。中心集落の金屋は有田川の谷口集落で,市場町として発達。有田みかん,巨峰ブドウ栽培および製材業が行なわれる。明恵上人の生地で,国の史跡の明恵紀州遺跡卒都婆,国の重要文化財の本尊をもつ歓喜寺などがある。北東部は生石高原県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かなや【金屋】

大鍛冶おおかじ(製鉄)・小鍛冶(刀鍛冶)・鋳物師いもじなど、鉄を主とした金属加工業の作業場。またこれら職人の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金屋
かなや

和歌山県中北部、有田(ありだ)郡にあった旧町名(金屋町(ちょう))。現在は有田川町の中部を占める地域。旧金屋町は、1955年(昭和30)鳥屋城(とやじょう)、生石(おいし)、石垣(いしがき)、五西月(さしき)の4村が合併、町制を施行して成立。2006年(平成18)吉備(きび)、清水(しみず)の2町と合併、有田川町となった。旧町名は旧鳥屋城村の金屋に由来する。鋳物師の村金屋は有田川中流谷口の渡河点で村の中心となった。付近には市場(いちば)という地名もある。国道424号、480号が通じる。生石ヶ峰(おいしがみね)の南麓(なんろく)登山口でもあり、有田鉄道が早く通じた(2002年廃止)。中世山城(やまじろ)の鳥屋城跡(県史跡)、この地に生まれた明恵上人(みょうえしょうにん)ゆかりの歓喜(かんぎ)寺などの遺跡、江戸時代中期の農家鈴木家住宅(国指定重要文化財)などがある。ミカン栽培を主とするが、野菜栽培との複合経営やブドウなどの観光農園も増えている。有田川で行われる鵜飼(うかい)は県の無形民俗文化財となっている。[小池洋一]
『『金屋町誌』全2巻(1972、1973・金屋町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金屋の言及

【金】より

…極印を打ち品位を保証した判金は,すでに15世紀に貿易金として現れ,やがて戦国大名中に鋳造するものもあったが,京都,堺,奈良などに判金,極印銀を鋳造し,両替,秤量,吹替などを営む業者が現れた。16世紀末には地方にも同種の業者が出て,彼らを金屋(かねや),銀屋,天秤屋などと呼び,領主から特権を受けたものが銀座・天秤座である。判金は品位を保証した秤量貨幣で,このほか竿金,延金,玉金など形状によって呼ばれた製錬したままの金も取引された。…

※「金屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金屋の関連情報