コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下間頼廉 しもつま らいれん

1件 の用語解説(下間頼廉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下間頼廉 しもつま-らいれん

1537-1626 戦国-江戸時代前期の僧。
天文6年生まれ。本願寺の坊官。顕如(けんにょ)につかえ,石山本願寺にたてこもって織田信長とたたかう。天正(てんしょう)8年の和議に際し,下間仲孝・頼竜(らいりゅう)とともに寺を代表して誓紙に署名。のち豊臣秀吉から本願寺町奉行を命じられた。法眼(ほうげん),のち法印。寛永3年死去。90歳。法名は了入,のち了悟。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下間頼廉の関連キーワードノルウェー文学横浜市の要覧弩爾哈斉今大路道三ニコラオ弩爾哈斉・奴児哈赤堀部邸明智秀満足利義昭五十嵐川

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone