コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下間頼廉 しもつま らいれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下間頼廉 しもつま-らいれん

1537-1626 戦国-江戸時代前期の僧。
天文6年生まれ。本願寺の坊官顕如(けんにょ)につかえ,石山本願寺にたてこもって織田信長とたたかう。天正(てんしょう)8年の和議に際し,下間仲孝・頼竜(らいりゅう)とともに寺を代表して誓紙に署名。のち豊臣秀吉から本願寺町奉行を命じられた。法眼(ほうげん),のち法印。寛永3年死去。90歳。法名は了入,のち了悟。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下間頼廉の関連キーワードグィッチャルディーニパトモス島恩寵の巡礼ノルウェー文学パラグアイ横浜市の要覧明の時代(年表)弩爾哈斉ニコラオ今大路道三

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android