コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下間仲孝 しもつま なかたか

2件 の用語解説(下間仲孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下間仲孝 しもつま-なかたか

1551-1616 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)20年生まれ。本願寺の坊官。少進に任じられ,法印にすすむ。織田信長石山本願寺攻めに抗して戦闘を指揮し,和議に際しては門主顕如(けんにょ)にかわり下間頼廉(らいれん)・頼竜(らいりゅう)とともに誓紙に署名。金春(こんぱる)喜勝から能の相伝をうけ,豊臣秀吉らにまねかれ演じた。元和(げんな)2年5月15日死去。66歳。法名は性乗。通称は別に仲康,仲之。芸名は素周。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

下間仲孝

没年:元和2.5.15(1616.6.28)
生年:天文20(1551)
戦国時代の本願寺坊官で能の名手。父は越前一向一揆の指導者,頼照。母や妻の家系に猿楽の名手がおり,若いころから指南を受ける。元亀1(1570)年に始まる織田信長の石山本願寺攻めに抗した軍事指導者のひとりで,天正8(1580)年の講和の際の署名者のひとりでもある。本願寺門主顕如の側近の奏者として外交折衝に当たる。文禄1(1592)年,顕如の死により奏者を罷免されるが,のちに復帰。関ケ原の戦では石田三成方に荷担したとの疑いを受け一時謹慎。金春流の秘事を伝授され禁裏で演能,「当時上手」と評された。豊臣秀吉,徳川家康にも招かれ演能。芸能,文芸を通じての武将らとの交流は,渉外担当者として重要な意味を持った。<参考文献>『下間少進集』Ⅲ(能楽資料集成)

(石田晴男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の下間仲孝の言及

【下間少進】より

…本願寺坊官で素人能役者。幼名千代寿。本名仲孝。頼之,仲之,仲康などとも称する。法名性乗。少進は俗官名。下間家は本願寺譜代の家臣で,父の法橋述頼(1534‐75)は,本願寺支配下の加賀・越前両国の代官職であった。仲孝は1566年(永禄9)16歳で法橋に叙せられ(《地下家伝》),織田信長との石山合戦(石山本願寺一揆)が開始された70年(元亀1)以降,しだいに寺中に頭角をあらわし,信長との和平が成った80年(天正8)には本願寺を代表する三年寄の一人として,和平誓紙に連判するまでになっていた。…

※「下間仲孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下間仲孝の関連キーワード六雄瑞慶東本願寺本願寺派本派本願寺お西円如顕誓下間頼秀下間頼廉蓮位

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone