不例(読み)ふれい

精選版 日本国語大辞典「不例」の解説

ふ‐れい【不例】

〘名〙
① ふだんの状態ではないこと。特に、貴人の病気についていう。不予。ごふれい。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「ふれい重くすべかりし女人は、旅の空にかくれましにしかば」
にはないこと。ふつうには見られないこと。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)五立「麿は上つ技なれど端午出生譲位は不例」
[補注]病気や妊娠など身体の不調を婉曲に表現する「例ならず」の漢文表記を音読してできた語と思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android