婉曲(読み)えんきょく

精選版 日本国語大辞典「婉曲」の解説

えん‐きょく ヱン‥【婉曲】

[1] 〘形動〙 表現のしかたが遠回しで、穏やかなさま。角立たないで、やさしく言い表わすさま。
※白石先生手簡(1725頃)九「『徒教隠士』の御作意、曲にまいりて」
明暗(1916)〈夏目漱石〉六九「『そりゃ何(ど)うだかあたしにゃ解(わか)らないわ』叔母は婉曲(ヱンキョク)に自己を表現した」 〔王守仁教条示龍場諸生〕
[2] 〘名〙 文法で、判断・命令・感動などが、断定的あるいは直接的になるのを避けて語調をやわらげる効果を持つ表現。多くの場合、推量の形をとり、文語では「む」「らむ」「めり」などの推量の助動詞を用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「婉曲」の解説

えん‐きょく〔ヱン‐〕【×婉曲】

[形動][文][ナリ]言いまわしが穏やかでかど立たないさま。露骨でなく、遠まわしに言うさま。「申し出を婉曲に断る」「婉曲な表現」
[類語]遠回しほのめかす臭わす持って回る回りくどいマイルドまろやか穏やか穏便穏当紳士的甘美快美当たらず触らず物柔らか曖昧ほどほど控え目ソフト柔らかい柔軟しなやか軟化柔らか軟質軟弱柔いやんわりぼかすぼやかすぼやけるうやむやメロー柔和温厚温和穏健まったり丸いゆるやか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「婉曲」の解説

【婉曲】えん(ゑん)きよく

それとなく、おだやかにいう。明・王守仁〔教条、竜場の諸生に示す〕忠して之れを責善するに、忠愛を悉(つく)し、其の婉曲を致す。

字通「婉」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android