コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不完全気体 フカンゼンキタイ

2件 の用語解説(不完全気体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふかんぜん‐きたい〔フクワンゼン‐〕【不完全気体】

実在気体のように分子間に相互作用がある気体。ボイルシャルルの法則に完全に従う理想気体に対していう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の不完全気体の言及

【状態方程式】より

… 気体は,液体や固体と違って分子間の相互作用の影響が小さく,このため気体の状態方程式は統計力学における一つの重要な課題として理論的な研究がなされてきた。実在の気体は,理想気体ではなく,分子間に力が働いているのでこれを不完全気体ということもある。不完全気体の統計力学は,現在,確立された理論体系であるが,これによるとnmolの不完全気体の状態方程式は,と表される。…

※「不完全気体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone