実在気体(読み)ジツザイキタイ

精選版 日本国語大辞典の解説

じつざい‐きたい【実在気体】

〘名〙 熱力学における密度の無限に小さい理想気体からはずれた挙動を示す気体。すなわち実際の気体。高温、低圧下では理想気体に近づくが、低温高圧になるに従ってずれが著しくなる。このずれを表わすものとしてファンデルワールスの状態式などが与えられている。不完全気体。⇔理想気体

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

実在気体
ジツザイキタイ
real gas

理想気体に対し,現実に存在する気体をいう.実在気体については理想気体の法則は厳密にはあてはまらない.比較的低い温度や比較的高い圧力では理想気体の法則からのずれは大きくなる.これは分子自身の体積が無視できなくなるためと,分子間引力のためのである.実在気体に対しては多数の状態式があるが,ファンデルワールスの状態式ビリアル方程式などがよく用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android