コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不招寨遺跡 ふしょうさいいせき Bù zhāo zhài yí zhǐ

1件 の用語解説(不招寨遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふしょうさいいせき【不招寨遺跡 Bù zhāo zhài yí zhǐ】

中国,河南省澠池(べんち)県不招寨にある新石器時代竜山文化の遺跡。仰韶(ぎようしよう)遺跡の西6kmに位置し,1921年J.G.アンダーソン,51年考古研究所河南調査団の夏鼐(かだい)ら,62年考古研究所の方酉生らが調査した。不招寨村落の周辺の地層断面には白灰面(住居址)だけでなく,袋状の竪穴と厚さ2~3mにも及ぶ文化層が露出している。土器は黒陶,縄蓆文をめぐらす粗質灰陶の鬲(れき)などのほかに,泥質紅陶の杯,粗質紅陶の鼎,泥質灰陶の豆(とう)があるが,彩陶はまったく出土しておらず,典型的な河南竜山文化の特徴を見せている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不招寨遺跡の関連キーワード河南省函谷関鈞窯汝窯滇池開封中州バックベンチャー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone