コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鑿 イシノミ

デジタル大辞泉の解説

いし‐のみ【石×鑿】

石切り鑿。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしのみ【石鑿】

石切り鑿。
弥生時代の磨製石器の一。小型の木工用の石斧いしおので、形が今の鉄製鑿に似るものをいう。鑿形石斧。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石鑿
いしのみ

磨製石斧(せきふ)の一種。鑿形石斧。全体の形は柱状、板状。断面形は正方形、長方形、台形を呈し、刃は側方からみて左右非相称(片刃(かたは))のものが多い。しかし左右相称(両刃(りょうば))のものも含まれる。日本では弥生(やよい)時代の柱状片刃石斧、扁平(へんぺい)片刃石斧にあたる。鑿の刃身に似ていることからこの名がある。しかし、鑿は、刃身の根元からその延長線上にまっすぐ柄(え)が伸びるのに対して、「石鑿」には「へ」の字に曲折した膝柄(ひざえ)がつき、刃先と柄とがなす角度は、鍬(くわ)の場合と同様、90度前後となるから、鑿に例えるのは適当とはいえない。えぐり、削るなど木材の加工を主用途とするが、ニューギニアなどでは伐採、荒割りにも用いた。[佐原 真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石鑿の言及

【斧】より

…以後,板材の表面を加工斧と(やりがんな)で仕上げることが長く続き,室町時代に縦引鋸(たてびきのこ)が普及して台鉋(だいかんな)にその座を譲り,加工斧は衰えた。なお考古学で斧とよぶもののうち,特に石斧には,柄をつけない楔(くさび)を含む可能性があり,また石鑿(いしのみ)とよぶものには,斧として使ったものを含む可能性がある。いずれも本来の柄の有無,形状が明らかでないため正しい使い方は明確でない。…

※「石鑿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報