コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鑿 イシノミ

3件 の用語解説(石鑿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いし‐のみ【石×鑿】

石切り鑿。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いしのみ【石鑿】

石切り鑿。
弥生時代の磨製石器の一。小型の木工用の石斧いしおので、形が今の鉄製鑿に似るものをいう。鑿形石斧。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石鑿
いしのみ

磨製石斧(せきふ)の一種。鑿形石斧。全体の形は柱状、板状。断面形は正方形、長方形、台形を呈し、刃は側方からみて左右非相称(片刃(かたは))のものが多い。しかし左右相称(両刃(りょうば))のものも含まれる。日本では弥生(やよい)時代の柱状片刃石斧、扁平(へんぺい)片刃石斧にあたる。鑿の刃身に似ていることからこの名がある。しかし、鑿は、刃身の根元からその延長線上にまっすぐ柄(え)が伸びるのに対して、「石鑿」には「へ」の字に曲折した膝柄(ひざえ)がつき、刃先と柄とがなす角度は、鍬(くわ)の場合と同様、90度前後となるから、鑿に例えるのは適当とはいえない。えぐり、削るなど木材の加工を主用途とするが、ニューギニアなどでは伐採、荒割りにも用いた。[佐原 真]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石鑿の言及

【斧】より

…以後,板材の表面を加工斧と(やりがんな)で仕上げることが長く続き,室町時代に縦引鋸(たてびきのこ)が普及して台鉋(だいかんな)にその座を譲り,加工斧は衰えた。なお考古学で斧とよぶもののうち,特に石斧には,柄をつけない楔(くさび)を含む可能性があり,また石鑿(いしのみ)とよぶものには,斧として使ったものを含む可能性がある。いずれも本来の柄の有無,形状が明らかでないため正しい使い方は明確でない。…

※「石鑿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石鑿の関連キーワード石切り石切梶原石切り場胴切り根切り葉切り螺子切り石切り鑿ディオニシオスの耳石切場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone