コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仰韶遺跡 ぎょうしょういせき Yang-shao

3件 の用語解説(仰韶遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仰韶遺跡
ぎょうしょういせき
Yang-shao

中国河南省めん池県仰韶村にある新石器時代の遺跡。 1921年に J.アンダーソンによって発掘が行われ,21年に夏 鼐 (かだい) らの再調査が行われている。仰韶文化竜山文化の遺物が混合して出土しているが,この遺跡名をとって中国の彩陶文化を仰韶文化と呼んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

仰韶遺跡【ぎょうしょういせき】

中国読みではヤンシャオ遺跡。中国,河南省【べん】池(べんち)県仰韶にある新石器時代の農村集落跡。1921年J.G.アンダーソンの発掘により仰韶文化から竜山文化にわたる彩陶黒陶,粗陶,有孔石斧(せきふ),石庖丁などが出土。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうしょういせき【仰韶遺跡 Yǎng sháo yí zhǐ】

中国,河南省澠池(べんち)県仰韶村にある新石器時代の仰韶文化から竜山文化にかけての遺跡。ヤンシャオ遺跡とも呼ぶ。1921年,J.G.アンダーソンが発掘し,彩陶遺跡として報告した。これは中国の新石器時代遺跡の最初の科学的な発掘調査で,仰韶文化の名称はこの遺跡にちなむ。51,62年中国科学院考古研究所によって再調査され,仰韶文化の標準遺跡としては適当でなく,廟底溝類型の仰韶文化,廟底溝第2期文化(竜山早期),河南竜山文化,東周の4文化を含む遺跡であることがわかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仰韶遺跡の関連キーワード河南省仰韶文化廟底溝遺跡汴京べんちゃら兎園アドベンチャーランド奥高野アベンチュラ後岡遺跡不招寨遺跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone