コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不正規戦 ふせいきせんirregular warfare; guerrilla(partisan) warfare; insurgency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不正規戦
ふせいきせん
irregular warfare; guerrilla(partisan) warfare; insurgency

政府によって組織され,訓練装備などがゆきとどいている制式の軍隊が行う正規戦に対し,民衆が自発的にあるいは外国の援助を得て武装して訓練も装備もまちまちのままに行う戦争形態のこと。民兵義勇軍,大衆蜂起などによる戦争がこれにあたる。遊撃戦のかたちで正規軍と対抗して交戦することから,ゲリラ戦をもって不正規戦の代表とみるのが一般的である。近代の戦史のなかで不正規戦の最初は,ナポレオン軍に抵抗したスペイン民衆のそれであった。なお宣戦布告をしない戦争を不正規戦争という場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

不正規戦の関連キーワード兵学思想制空権ゲリラ復員

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android