コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不法行為地法 ふほうこういちほう

1件 の用語解説(不法行為地法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不法行為地法
ふほうこういちほう

不法行為の原因となる事実の発生した地の法律。国際私法により,不法行為の成立および効果の準拠法とされる (法例 11条1項) 。加害行為と損害発生地とが一致していれば問題ないが,たとえばA国のメーカーが製造した製品をB国で購入した消費者がその欠陥によって損害をこうむった場合のように,加害行為地はA国であり,損害発生地はB国であるようなケースで,いずれを不法行為地とするかが問題となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不法行為地法の関連キーワード共同不法行為国際不法行為不法行為意思偶因事実行為無因証券違法行為不法行為責任不法行為地法主義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone