コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不特定物 フトクテイブツ

デジタル大辞泉の解説

ふとくてい‐ぶつ【不特定物】

具体的な取引に際して、当事者の個性を問題とせず、単に種類に着目して取引した物。馬10頭など。⇔特定物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふとくていぶつ【不特定物】

具体的な取引にあたって、当事者が取引する物の種類だけを指定して、その個性を問わないもの。馬一〇〇頭・酒一斗などはその例。 ↔ 特定物

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の不特定物の言及

【種類債権】より

…他の物と区別さるべき一定の性質を有する物(種類物)の一定数量の給付を目的とする債権。種類債権は不特定物債権ともいわれ,特定物債権と対置される。ビール1ダースとか米10kgの給付を求める債権が前者であり,所在を示した土地や建物の引渡しを請求しうる債権が後者である。…

※「不特定物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不特定物の関連キーワード代替物・不代替物瑕疵担保責任債権・債務種類債権給付請負遺贈

不特定物の関連情報