コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不胎化介入 フタイカカイニュウ

1件 の用語解説(不胎化介入の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふたいか‐かいにゅう〔フタイクワカイニフ〕【不胎化介入】

為替介入の手法の一つ。中央銀行が自国通貨を放出(または吸収)すると、通貨の流通量が増加(または減少)するが、それを防ぐため、国債などの売りオペ(または買いオペ)を同時に進めながら行う介入。介入の効果は非不胎化介入より薄い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不胎化介入の関連キーワード覆面介入市場介入為替市場介入為替介入非不胎化介入インターベンション(Intervention)介入(Intervention)協調介入(Coordinated Intervention)市場介入(Intervention)委託介入

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone