コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不胎化介入 フタイカカイニュウ

デジタル大辞泉の解説

ふたいか‐かいにゅう〔フタイクワカイニフ〕【不胎化介入】

為替介入の手法の一つ。中央銀行が自国通貨を放出(または吸収)すると、通貨の流通量が増加(または減少)するが、それを防ぐため、国債などの売りオペ(または買いオペ)を同時に進めながら行う介入。介入の効果は非不胎化介入より薄い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

不胎化介入の関連キーワード為替市場介入不胎化

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android