為替介入(読み)カワセカイニュウ

デジタル大辞泉「為替介入」の解説

かわせ‐かいにゅう〔かはせカイニフ〕【為替介入】

国や地域の通貨当局が、自国通貨の為替相場を安定させるために、外国為替市場で通貨を売買すること。日本の場合、財務大臣の指示に基づいて日本銀行が実務を遂行する。一つの国・地域が単独で実施する場合を単独介入、複数の国・地域の通貨当局が協議して同時または連続的に為替介入を行うことを協調介入という。外国為替平衡操作
[補説]急激な円安に対応するためドルを売って円を買う場合は、外国為替資金特別会計外為会計)のドルを売却し、円を買い入れる(ドル売り・円買い介入)。急激な円高に対応するため円を売ってドルを買う場合は、政府短期証券FB)を発行して円を調達し、ドルを買い入れる(ドル買い・円売り介入)。→不胎化介入

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「為替介入」の解説

為替介入
かわせかいにゅう

市場介入

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android