コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不透水地 ふとうすいち

1件 の用語解説(不透水地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不透水地
ふとうすいち

道路,建物など地表を遮閉して雨水が土壌に浸透するのを妨げている場所。樹木もなく,土壌中で保水されて気候をやわらげる作用も失われるなど,自然に反した状態が普通である。これを自然破壊の指標として,一定地域内で土壌の露出した部分 (透水地) と不透水地の割合を出し,不透水地の割合の高いほど破壊が激しいとしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不透水地の関連キーワードアルカリ性土壌土壌学雨水溝歩道雨仕舞シフティング土壌石灰質土壌土壌断面雨仕舞い雨水枡

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone