不透水地(読み)ふとうすいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不透水地
ふとうすいち

道路,建物など地表を遮閉して雨水が土壌に浸透するのを妨げている場所。樹木もなく,土壌中で保水されて気候をやわらげる作用も失われるなど,自然に反した状態が普通である。これを自然破壊の指標として,一定地域内で土壌の露出した部分 (透水地) と不透水地の割合を出し,不透水地の割合の高いほど破壊が激しいとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android