コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不透水地 ふとうすいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不透水地
ふとうすいち

道路,建物など地表を遮閉して雨水が土壌に浸透するのを妨げている場所。樹木もなく,土壌中で保水されて気候をやわらげる作用も失われるなど,自然に反した状態が普通である。これを自然破壊の指標として,一定地域内で土壌の露出した部分 (透水地) と不透水地の割合を出し,不透水地の割合の高いほど破壊が激しいとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

不透水地の関連キーワード流下式塩田

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android