不連続殺人事件(読み)ふれんぞくさつじんじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)「不連続殺人事件」の解説

不連続殺人事件
ふれんぞくさつじんじけん

坂口安吾(あんご)の長編推理小説。1947年(昭和22)から48年にかけて雑誌『日本小説』に連載。無頼派の芸術家、弁護士などの男女が仲間の家に招待されて宿泊し、たちまち乱交パーティーの様相を呈する。ここで八つの殺人事件が続発し、犯人に共通の動機があるとは考えられない。そこで小説家のは探偵役の巨勢(こせ)博士に、動機も犯人も別々の不連続殺人事件ではないかと疑問を呈するが、博士は快刀乱麻を断つごとく、真犯人と動機を解明してみせる。推理小説謎(なぞ)解きゲーム論者の作者が読者に挑戦したミステリーで、創意あるトリック戯作(げさく)調の文体で展開したところに特色がある。日本探偵作家クラブ賞受賞。

厚木 

『『不連続殺人事件』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android