コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世に経 ヨニフ

デジタル大辞泉の解説

世(よ)に◦経(ふ)

この世に生き長らえる。
「花の色はうつりにけりないたづらに我が身―◦経るながめせしまに」〈古今・春下〉
出家の身ではなく、俗人として暮らす。
「わが身も―◦ふる様ならず、跡絶えて止みなばや」〈・若菜下〉
男女の情を解する。
「ねになけば人笑へなりくれ竹の―◦へぬをだにかちぬと思はむ」〈後撰・恋五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よにふ【世に経】

この世にながらえる。世をすごす。 「わが身-・ふるながめせしまに/古今 春下
世ごころがつく。男女間の情愛を理解する。 「ねになけば人笑へなり呉竹の-・へぬをだにかちぬと思はむ/後撰 恋五

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世に経の関連キーワードシュトルヒ憂き節世・代経塚呉竹

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android