コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世家真大助(2代) せやま・だいすけ

1件 の用語解説(世家真大助(2代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

世家真大助(2代)

没年:安政初年(1854頃)
生年:生年不詳
江戸の振付師藤間勘十郎と由縁のある,江戸後期大坂の劇場振付師。前名2代目藤間大助。別名世家間大助。師の2代目藤間勘十郎(前名瀬山大助)が大坂の振付師の名家瀬山の出身であった関係から,瀬山家の養子となり大坂へ移った。大坂で一時期山村流をしのぐ隆盛をみたが,振付師としての活躍も数年間で,自殺を遂げる。古くから続く瀬山の字を「世家真」に変え,流風も江戸の藤間流を加味して趣を新しくしたことなどにも,理想と現実との狭間に揺れ動いた芸術家肌の人柄を窺わせる。<参考文献>守随憲治『歌舞伎序説』

(丸茂祐佳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世家真大助(2代)の関連キーワード藤間流藤間勘十郎藤間勘兵衛藤間勘右衛門(初代)藤間勘十郎(初代)藤間勘十郎(2代)藤間勘十郎(4代)藤間勘十郎(5代)藤間勘十郎(8代)藤間勘兵衛(2代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone