コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世田米 せたまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世田米
せたまい

岩手県南東部,住田町の中心地区。旧町名。気仙川左岸に位置する。天正 18 (1590) 年頃の砂金採集による金山経営を中心として開拓された集落大船渡市に通じる盛街道 (現国道 107号線) ,陸前高田市へ出る高田街道 (340号線) ,遠野市に通じる世田米街道 (340号線) の分岐点にあたり交通の要衝

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世田米
せたまい

岩手県南東部、気仙(けせん)郡住田(すみた)町の中心地区。旧世田米町。平安末期の金山開発に始まると伝えられる。太平洋側の陸前高田、大船渡(おおふなと)の両市と遠野(とおの)市を結ぶ交通の要地。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世田米の関連キーワード住田(町)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世田米の関連情報