コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住田町 すみた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住田〔町〕
すみた

岩手県南東部,北上高地南部にある内陸の町。北は遠野市,東は釜石市,大船渡市,南は陸前高田市,西は奥州市に接する。 1940年町制 (当時は世田米町) ,1955年上有住村,下有住村と合体し住田町が成立。町名は各町村から1字をとった。東端に五葉山がそびえ,中央部を南流する気仙川沿いにわずかに耕地が開け,山林原野が町域の大半を占める。西部の種山高原には放牧地が広がり,造林と酪農が行なわれている。林産資源のほか,石灰石などの地下資源に恵まれている。古くから気仙大工呼ばれる農民大工が多く,第三セクターによる住宅産業会社をつくって注文建築に応じている。北東部の五葉山山麓は五葉山県立自然公園に属する。南北に国道 340号線,東西に国道 107号線が通り,世田米で国道 397号線を分岐。面積 334.84km2。人口 5720(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住田町の関連情報