コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住田町 すみた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住田〔町〕
すみた

岩手県南東部,北上高地南部にある内陸の町。北は遠野市,東は釜石市,大船渡市,南は陸前高田市,西は奥州市に接する。 1940年町制 (当時は世田米町) ,1955年上有住村,下有住村と合体し住田町が成立。町名は各町村から1字をとった。東端に五葉山がそびえ,中央部を南流する気仙川沿いにわずかに耕地が開け,山林原野が町域の大半を占める。西部の種山高原には放牧地が広がり,造林と酪農が行なわれている。林産資源のほか,石灰石などの地下資源に恵まれている。古くから気仙大工と呼ばれる農民大工が多く,第三セクターによる住宅産業会社をつくって注文建築に応じている。北東部の五葉山山麓は五葉山県立自然公園に属する。南北に国道 340号線,東西に国道 107号線が通り,世田米で国道 397号線を分岐。面積 334.84km2。人口 5720(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

住田町の関連キーワード岩手県気仙郡住田町世田米岩手県気仙郡住田町上有住岩手県気仙郡住田町下有住住田町の要覧気仙広域連合岩手県気仙郡住田(町)東海新報種山ヶ原仙人峠姥石峠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住田町の関連情報