コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸前高田市 りくぜんたかた

2件 の用語解説(陸前高田市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸前高田〔市〕
りくぜんたかた

岩手県南東端,広田湾に臨む市。東は大船渡市,南は宮城県気仙沼市に接し,北上高地の南東に位置する。1955年高田町,気仙町,広田町の 3町と小友村,米崎村,矢作村,竹駒村,横田村の 5村が合体して市制。市名は中心の高田に旧国名を冠して命名。広田湾はワカメ,ホタテガイ,カキなどの養殖,長部港は漁業基地として知られている。気仙川流域の平地では米作,施設園芸,リンゴ栽培などが行なわれる。寛文6(1666)年豪商菅野杢之助が仙台藩の援助によって潮害防備のため植えた高田松原(国の名勝)は,全長 2kmに及ぶ白砂青松の海水浴場としてにぎわった。蛇ヶ崎(じゃがさき),椿島ウミネコ繁殖地,華蔵寺(けぞうじ)の宝殊マツ(以上国の天然記念物),黒崎仙峡,アユの名所気仙川,中沢浜貝塚(国の史跡)など観光資源が多い。海岸線は三陸復興国立公園に属する。2011年,東北地方太平洋沖地震に伴う津波により大きな被害を受け,高田松原の約 7万本のマツもほぼ失われた。広田湾に沿って国道45号線が通り,今泉で国道343号線を,出口で国道340号線を分岐している。JR大船渡線が通る。面積 231.94km2。人口 1万9758(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸前高田市の関連情報