コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界同時不況 せかいどうじふきょう harmonized world depression

1件 の用語解説(世界同時不況の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界同時不況
せかいどうじふきょう
harmonized world depression

世界が同時に不況局面に入ること。 1970年代に入ってから世界の景気が同方向に動くという景気の同時化が見られるようになったが,74~75年および 80年代初めのころがそれに当たる。これは,石油危機という共通の不況要因が作用したこと,経済の相互依存関係が深まるにつれて,一国の不況,特にアメリカ景気後退が他の国の輸出を減少させ,景気後退を波及させるといったメカニズムが強まってきたことによる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界同時不況の関連キーワード一斉有卦に入る還滅四四火に入る虫併発箸渡し両取調整局面グローバリゼーション(Globalization)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界同時不況の関連情報