コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界同時不況 せかいどうじふきょうharmonized world depression

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界同時不況
せかいどうじふきょう
harmonized world depression

世界が同時に不況局面に入ること。 1970年代に入ってから世界の景気が同方向に動くという景気の同時化が見られるようになったが,74~75年および 80年代初めのころがそれに当たる。これは,石油危機という共通の不況要因が作用したこと,経済の相互依存関係が深まるにつれて,一国の不況,特にアメリカの景気後退が他の国の輸出を減少させ,景気後退を波及させるといったメカニズムが強まってきたことによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界同時不況の関連キーワード世界経済の不均衡(ゆがみ)グリーン・ニューディールプライマリーバランス国際金融安定性報告書財政再建と公共事業費ワークシェアリングスタグフレーションリーマン・ショックフォルクスワーゲンバイアメリカン条項リボルビング払いバイ・アメリカンドバイ・ショック電気機械器具工業行政改革推進法ビッグ・スリーアンモニア工業国の公共事業費合成ゴム工業地域金融機関

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界同時不況の関連情報