コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界境域誌 せかいきょういきしḤudūd al-`Ālam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界境域誌
せかいきょういきし
Ḥudūd al-`Ālam

イラン中世の地理書。著者不明。 982/3年に編纂された近世ペルシア語による最初の世界地理。その記述の範囲は東は中国から西はスペインまで,北はロシアおよび北・中央アジアのトルコ系諸族から南はインド,アビシニアまで及び,非イスラム世界により多くの記述があてられているのが大きな特徴。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界境域誌の関連キーワード藤原超子崔承老池亭記Dominica文苑英華小右記聖宗池亭記義光平貴子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android