コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池亭記 ちていき

7件 の用語解説(池亭記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池亭記
ちていき

「池のほとりのあずまやで記したもの」というのが本来の意味で,書名ではない。したがって幾編もの池亭記があったと思われるが,今日知られているものでは,兼明 (かねあきら) 親王のものと慶滋保胤 (よししげのやすたね) の漢文体の随想が有名である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちていき【池亭記】

平安中期の随筆。前中書王兼明(さきのちゅうしょおうかねあきら)親王著。天徳3年(959)成立。小亭での、悠々自適の老年の心境を漢文体で記したもの。
平安中期の随筆。慶滋保胤(よししげのやすたね)著。天元5年(982)成立。当時の京都の荒地に池と亭を構え、念仏と読書に閑雅な晩年を送るようすを漢文体で記したもの。「方丈記」に影響を与える。ちていのき。
[補説]ともに「本朝文粋(ほんちょうもんずい)」所収。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

池亭記【ちていき】

慶滋保胤(よししげのやすたね)の住居を主題とする漢文の記。982年成立。保胤50歳頃の作。〈異代の師〉と仰ぐ白居易の《池上篇并序》《草堂記》や,兼明親王の同題の作にならって,都における住居の変転と,〈池亭〉での読書や念仏に耽る閑雅な生活を綴る。

池亭記【ちていのき】

池亭記(ちていき)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちていき【池亭記】

慶滋保胤(よししげのやすたね)の漢文随筆。982年(天元5)成立。平安京の西京の荒廃,東京の家屋の過密状況の中で,50歳近い作者が小宅を得て,小山を作り小池を掘り,書庫,小堂をかまえて読書や念仏に明け暮れ,閑雅な晩年を送ったことを述べる。源通親の《久我草堂記(こがそうどうき)》や鴨長明の《方丈記》に影響を与えた。なお,同名の漢文随筆が前中書王兼明(かねあきら)親王にもあり,959年(天徳3)成立。曲池のほとりの亭で悠々自適の生活を送ろうとする心境を語ったものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちていき【池亭記】

漢文随筆。慶滋保胤よししげのやすたね著。一編。982年成立。平安京に設けた小宅における悠々自適の生活を叙したもの。京内の荒廃ぶりを述べた記事で有名。「方丈記」に影響を与えている。「本朝文粋もんずい」所収。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池亭記
ちていき

「ちていのき」ともいう。平安中期の文人慶滋保胤(よししげのやすたね)が新築した自邸に寄せて心境を記した漢文随筆。982年(天元5)成立。『本朝文粋(ほんちょうもんずい)』巻12に収められている。白居易(はくきょい)(楽天)の『池上篇(へん)』や兼明親王(かねあきらしんのう)の『池亭記』に触発されたところがあり、他方鴨長明(かものちょうめい)の『方丈記(ほうじょうき)』に影響を与えている。右京の荒廃と左京の過密とを批判的な筆致で叙述した前半は、平安京の変遷を知る貴重な史料である。後半部に「職は柱下(ちゅうか)(内記の唐(とう)名)に在りといへども、心は山中に住むがごとし」とあり、作者は仕官と隠遁(いんとん)との両立を志した。新邸は心の隠遁を遂げたいとする作者の願望を十分に満たすものだとしている。作者の生活上の理想とともに理想の住居が論じられ、これが前半の批判的な筆致を生んでいる。[八重樫直比古]
『柿村重松著『本朝文粋註釈 下巻』(1968・冨山房) ▽小島憲之校注『本朝文粋(抄)』(『日本古典文学大系 69』所収・1964・岩波書店) ▽金子彦二郎著『平安時代文学と白氏文集 第一巻』(1977・藝林舎) ▽大曽根章介「『池亭記』論」(山岸徳平編『日本漢文学史論考』所収・1974・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の池亭記の言及

【慶滋保胤】より

…963年(応和3)の《善秀才宅詩合(ぜんしゆうさいたくしあわせ)》や969年(安和2)の《粟田左府尚歯会(あわたさふしようしかい)》に参加して詩を詠み,具平親王邸の詩会に出席して源順や橘正通らと交際して互いに詩才を競った。982年(天元5)六条に新しく池亭を築いた彼は《池亭記(ちていき)》を執筆した。前半で西京の荒廃と都の住居の構成について述べ,後半で池亭の規模と四季の景観及び自己の閑適生活をとおして理想の住居論を展開しているが,腐敗した現実の政治を批判し,真摯な生活態度を綴ったこの文章は,後世鴨長明の《方丈記》に大きな影響を与えた。…

※「池亭記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池亭記の関連キーワード日本往生極楽記方丈記勧学会幻住庵記慶滋寂心高岳相如慶滋為政三外往生記寂照(寂昭)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone