コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世知弁 セチベン

1件 の用語解説(世知弁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せち‐べん【世知弁】

[名・形動ナリ]
《八難の一である「世智弁聡」の略》世渡りの知恵にたけていること。また、そのさま。
「内々は―にて、心まさなく厳しく精練なりけるままに」〈米沢本沙石集・三〉
勘定だかいこと。けちなこと。また、そのさま。
「小笹に露のたまられぬ始末算用―も人にこそよれ」〈浄・油地獄

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世知弁の関連キーワード八難古格実義情識密密賾ろ倹吝中半平め偏枯