世臣(読み)セイシン

大辞林 第三版の解説

せいしん【世臣】

代々仕えている家臣。譜代の臣。 「徳川家の-大久保氏の支流である/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐しん【世臣】

〘名〙 先祖代々その主家に仕える家来。譜代の臣。
※史記抄(1477)三「世臣が其君を簒て、取其国列為諸侯だぞ」
※近世畸人伝(1790)四「国侯の世臣なれども、江戸に近侍せる日」 〔孟子‐梁恵王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android