コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 はな flower

翻訳|flower

17件 の用語解説(花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


はな
flower

植物が有性生殖を行うための器官。茎に相当する花軸と,その上につく葉の変態である花葉とから成る。一般的に使われている「花」という言葉は,生殖構造の一部あるいは全体の色と形が特徴的なものに対して用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はな【花/華】

種子植物有性生殖を行う器官。葉から変形した萼(がく)花びら雄しべ雌しべおよび花軸からなる。この要素の有無により完全花不完全花に、雄しべ雌しべの有無により両性花単性花に分けられる。受精して実を結び、種子を生じる。「―がほころぶ」「―がしぼむ」
花をもつ植物。また、美の代表としてこれをいう語。「―を植える」「蝶よ―よと育てる」
の花。全ての花を代表する意で、平安時代後期に定着した言い方。「―の宵(よい)」
「―散らす風の宿りは誰か知る我に教へよ行きて恨みむ」〈古今・春下〉
2のうち、神仏に供えるもの。枝葉だけの場合もある。「手向(たむ)けの―」
造花。また、散華(さんげ)に用いる紙製の蓮の花びら
生け花。また、華道。「お―の師匠」
花が咲くこと。また、その時期。多く、桜についていう。「―の便り」「―曇り」
見かけを1にたとえていう語。「氷の―」「波の―」
1の特徴になぞらえていう語。
㋐華やかできらびやかなもの。「社交界の―」
㋑中でも特に代表的で華やかなもの。「火事と喧嘩(けんか)は江戸の―」「大会の―ともいうべき種目」
㋒《華やかで目立つところから》功名。誉れ。「後輩に―を譲る」
㋓最もよい時期。また、盛んな事柄や、その時節。「独身時代が―だった」「今が―の俳優」
㋔実質を伴わず、体裁ばかりよいこと。また、そのもの。「―多ければ実少なし」
10 1に関わるもの。
花札(はなふだ)。「―を引く」
㋑心付け。祝儀。「―をはずむ」
11 世阿弥の能楽論で、演技・演奏が観客の感動を呼び起こす状態。また、その魅力。
12 連歌で、花の定座。また、花の句。
13 和歌・連歌・俳諧で、表現技巧や詞の華麗さ。内容の意の実(じつ)に対していう。
14 《他に先がけて咲くところから》梅の花。
「今のごと心を常に思へらば先づ咲く―の地(つち)に落ちめやも」〈・一六五三〉
15 花見。特に、桜の花にいう。
「尋ね来て―に暮らせる木の間より待つとしもなき山の端の月」〈新古今・春上〉
16 誠実さのない、あだな人の心のたとえ。
「色見えで移ろふものは世の中の人の心の―にぞありける」〈古今・恋五〉
17 露草の花のしぼり汁。また、藍染めで、淡い藍色。はなだいろ。はないろ。
「御直衣(なほし)の裏の―なりければ」〈大鏡・伊尹〉
18 華やかなさかりの若い男女。また、美女。転じて、遊女。
「―に遊ばば、祇園あたりの色揃へ」〈浄・忠臣蔵
19花籤(はなくじ)」に同じ。
[補説]植物については「花」と書く。
作品名別項。→

はな【花】[曲名]

武島羽衣作詞、滝廉太郎作曲の唱歌。滝が明治33年(1900)に発表した組曲「四季」の1曲目にあたる「花盛り」を改題し、詞をつけたもので、隅田川の春の情景を描写する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

花【はな】

顕花植物の有性生殖器官おしべめしべ,これに付随する花葉(花被包葉)の3部から構成される。これらは葉が変化したもので,3部分すべてを備えるものを完全花,どれかを欠くものを不完全花という。
→関連項目生殖器官

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

タレントデータバンクの解説


芸名

性別
女性

生年月日
/09/20

星座
おとめ座

干支
酉年

身長
160cm

体重
45kg

ブログタイトル
ものまね花のブログ

ブログURL
http://ameblo.jp/hinanohanae/

デビュー年
2011

職種
お笑い

プロフィール
ものまねタレントとしてテレビを中心に活躍。主な出演作は、日本テレビ『ものまねグランプリ』、BS『コロッケ千夜一夜』など。ものまねレパートリーには、植村花菜ドリカム、絢香などがある。

デビュー作
ものまねグランプリ7 植村花菜で出演

代表作品
日本テレビ『ものまねグランプリ10 ドリカムで出演』 / BS『コロッケ千夜一夜


芸名

性別
女性

生年月日
2003/02/25

干支
未年

出身地
東京都

身長
148cm

体重
33kg

デビュー年
2014

靴のサイズ
23cm

職種
モデル

語学
英語/日本語

好きなスポーツ
テニス

趣味・特技
読書/絵や物語を書くこと/テニス

プロフィール
2003年2月25日生まれ。東京都出身。好きなことは、読書・絵や物語を書くこと。好きなスポーツは、テニス。2014年より同事務所の早見優と得意な英語を生かして「TOKYOMXCAN DO IT!>」へレギュラー出演をする。

デビュー作
「TOKYO MX <YU CAN DO IT!>」


芸名

性別
女性

生年月日
1998/03/19

星座
うお座

干支
寅年

血液型
A

出身地
山梨県

身長
157cm

ブログタイトル
花やんのflower life

ブログURL
http://ameblo.jp/hanayanno

靴のサイズ
24.5cm

職種
モデル/タレント・俳優・女優

好きなスポーツ
バレーボール

趣味・特技
歌うこと/ハードロックを聴く/都市伝説に詳しい/ミニ四駆

プロフィール
1998年3月19日生まれ、山梨県出身。モデルとして活躍。主な出演作品は、ファッションショー『東京ボーイズコレクション 2015』『gossipway fring summer 2015』など。今後の更なる活躍が期待される。

代表作品
『ザアザアMV「どす黒いメインキャスト』(2016) / 『ザアザアMV「カミソリ」メインキャスト』(2016) / ファッションショー『東京ボーイズコレクション 2015』(2015)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

日本のポピュラー音楽。作詞・作曲と歌は日本のバンド、ORANGE RANGE。2004年発売。同年公開の映画「いま、会いにゆきます」の主題歌に起用。

神奈川県、鎌倉ビール醸造株式会社が製造する地ビール。「鎌倉ビール」シリーズブラウンエールタイプ

大分県、株式会社くじゅう高原開発公社が製造する地ビール。「くじゅう高原ビール」シリーズ。ブラウンエールタイプ。

2003年公開の日本映画。監督:西谷真一、原作:金城一紀、脚本:奥寺佐渡子。出演:大沢たかお牧瀬里穂西田尚美、加瀬亮、南果歩、柄本明ほか。第58回毎日映画コンクール男優助演賞(柄本明)受賞。

1941年公開の日本映画。監督:吉村公三郎、原作:吉屋信子、脚本:池田忠雄、津路嘉郎、撮影:生方敏夫。出演:田中絹代、原保美、飯田蝶子、上原謙、桑野通子川崎弘子吉川満子ほか。

日本の唱歌の題名。作詞:武島羽衣、作曲:滝廉太郎。発表年は1900年。滝廉太郎の組曲「四季」の中の一曲「花盛り」を作詞者の武島が改題して現在の形となる。2007年、文化庁日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はな【花 flower】

狭義には被子植物の生殖器官をいうが,もっと広い使われ方をする場合もある。例えばソテツイチョウ,マツなどの裸子植物の生殖器官を含めたり,さらには胞子生殖をするツクシの穂をも花とする見解もある。
[花の概念]
 被子植物の花は見かけ上はさまざまな形があるものの,基本的には同じで,小胞子葉大胞子葉それぞれ相同なおしべとめしべ,さらに萼と花冠があり,それらが付着する花托からなっている。裸子植物の生殖器官には,萼や花冠はないが,軸の先に小胞子葉や大胞子葉が集まったものであり,シダ植物胞子囊穂(ほうしのうすい)も胞子葉や胞子囊托が集まったものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はな【花】

日本歌曲。武島羽衣の詩に滝廉太郎が作曲。春夏秋冬の四部作の一つ。1900年(明治33)刊の「四季」に発表。「春のうららの隅田川…」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


はな

シダ植物の花

ツクシはスギナの花で、胞子嚢をつける胞子嚢托(たく)が輪生し、それが数輪、穂状に集まったものである。また、クラマゴケでは、上面の基部に胞子嚢をつけた小葉が集まって穂をつくるが、胞子嚢は雌性の大胞子嚢と雄性の小胞子嚢とに分化し、それらをつける小葉は一つの穂に混じってつく。[田村道夫]

裸子植物の花

裸子植物では、雌性の大胞子嚢は珠皮に包まれて胚珠(はいしゅ)となり、雄性の小胞子嚢は花粉嚢となる。[田村道夫]
ソテツ綱・イチョウ綱
ソテツ綱では、花粉嚢は小胞子葉の上面に3~4個ずつ集まって全面につき、胚珠は大胞子葉の下部の縁(へり)につく。小胞子葉は穂状に密集して雄花となり、大胞子葉は茎頂に緩く集まって雌花をつくる。イチョウ綱では、花粉嚢は2個ずつ小胞子嚢托につき、それが穂状に集まって雄花となる。胚珠は2個が対(つい)になって大胞子嚢托につくが、それの上端部は広がって椀(わん)状となり、胚珠の基部を取り囲む。この椀状部は、まれに伸び広がって葉状になることがある(これを「お葉付きイチョウ」とよぶ)。このことから、椀状部は退化した大胞子葉と解釈されることもある。[田村道夫]
球果綱
球果綱(マツ綱)では、普通、いくつかの花粉嚢が鱗片(りんぺん)の下面につき、それが軸に穂状に集まって雄花となる。球果綱を通じて、雄花の基本構造はほぼ一様とみなすことができるが、雌花はきわめて多様である。多くは鱗片の上面に胚珠をつけるが、これが軸に穂状に集まってつき、球花をつくる。スギ科などでは、胚珠をつけている鱗片は単純であるが、マツ科などでは、その下にもう1枚の鱗片があって二重構造となっている。進化のうえからみると、球果は、本来はもっと複雑な構造をもっていたもので、古生代石炭紀に栄えたコルダイテスでは、球花の軸に包(包葉)がつき、それの腋(えき)より伸びた枝に葉と胚珠がついていた。やがて、包より腋生する枝が退化し、全体が穂としてのまとまりが強くなる方向に進化していったとみなされている。したがって、現生の植物でも、マツのように球花の鱗片が二重になっているものは原始的で、下の鱗片は包、胚珠をつける上の鱗片は退化した枝またはそれに属するものと考えられる。そして、スギのように一重のものは、その2枚が合着したものとみなされる。球花をつくる鱗片の数は、さらに減少する方向に進化し、イヌマキ科では胚珠をつける鱗片1枚で1個の球花をつくるに至っている。[田村道夫]
グネツム綱
グネツム綱では、雄花も雌花も若いときは、膜質の花被(かひ)に包まれる。マオウ属の雄花穂では、軸に2~8対の包が対生し、包の腋に雄花をつける。雄花は1対の花被と、それに覆われた1~8個の花粉嚢をつける小胞子嚢托よりなる。雌花穂には4~7対の対生する包があり、雌花は上部の1~2枚の包の腋につき、花被に包まれた1個の胚珠である。ウェルウィッチア属の雄花穂と雌花穂では、多数の包を対生し、その腋にそれぞれ雄花と雌花をつける。雄花は基部に1対の小包をもち、花被の中に3個の花粉嚢をつける小胞子嚢托を6本輪生し、中央には機能のない胚珠がある。雌花も基部に1対の小包があり、花被に包まれた1個の胚珠よりなる。グネツム属の雄花穂では、輪生した包が合着して数段の輪状の鞘(しょう)をつくり、その腋に輪生する雄花を少数輪つける(いちばん上に機能のない雌花の輪をつける種もある)。雄花は袋状の花被に包まれ、2~4個の花粉嚢をつける1本の小胞子嚢托である。雌花穂では、鞘の腋に1輪の雌花を生じ、雌花は2枚の花被に包まれた1個の胚珠よりなる。[田村道夫]

被子植物の花

被子植物の花を裸子植物の花のいずれかと直接的に関係づけることは困難である。しかし、被子植物の花は、いかに多様であっても、それらの間に相同性を認めることができる。被子植物の花は裸子植物の花と違って、本来、雌性器官と雄性器官をもち、それに胚珠や花粉嚢をつけない花被をもった両性の複合器官である。すなわち、被子植物の花は、花床(かしょう)に下から上へと花被、雄蕊(ゆうずい)群、雌蕊(しずい)群をつけたのが基本的な形である。また、被子植物の花は一種のシュート(苗条)、すなわち、茎に葉のついた構造と考えられ、花床という茎的器官に、花被片(または萼片(がくへん)と花弁)、雄蕊(雄しべ)、および雌蕊(雌しべ)をつくっている心皮(しんぴ)といった葉的器官がついたものとみなされる。花をつくっている葉的器官を花器官または花葉(かよう)という。したがって、シュートとしての性質をよく保っている花は原始的なものとみなされるわけである。[田村道夫]
同花被花・異花被花
被子植物の花は、本来、同質の花被片よりなる花被をもつ同花被花であるが、進化した状態では花被は内外2輪よりなる。外輪はつぼみのとき内部を保護する萼となり、内輪は昆虫誘引のために発達して花冠となる。萼は萼片よりなり、花冠は花弁よりなる。このように、萼と花冠をもった花を異花被花という。同花被花でも花被片は昆虫誘引のために発達することが多いが、ヤマモモ科、クルミ科、ブナ科、イラクサ科などのように、退化して目だたなくなる場合もある。このような花被をもつ花は無花弁花とよばれる。さらに、ドクダミ科、センリョウ科、ヤマグルマ科などのように花被をもたないものもあり、これは無花被花とよばれる。無花弁花や無花被花は、同花被花から退化によって生じたとする説があり、この退化は風媒(ふうばい)と関係づけられることが多い。しかし、一方では、これらの花を裸子植物の花と関係づけ、原始的な形態とみなす説もあるし、これらの花と発達した花被をもつ花とは、起源を異にすると考える説も出されている。[田村道夫]
両性花・単性花
被子植物の花は、本来、雄蕊と雌蕊とをもつ両性花であるが、なかには、どちらか一方しかもたない単性花(雌雄異花)もある。しかし、被子植物の単性花は裸子植物の場合とは異なって二次的なものといえる。すなわち、両性花から雌蕊が退化すれば雄花、雄蕊が退化すれば雌花となる。したがって、アケビ科、ウリ科などでは、雌花に退化した雄蕊があったり、雄花に退化した雌蕊のある場合が少なくない。アケビ、キュウリなどのように雌花と雄花が一つの個体につく場合を雌雄同株、アサ、ホウレンソウ、スイバ、クワ科、ヤナギ科、ヤマモモ科などのように雌花と雄花が別な個体につく場合を雌雄異株という。また、カエデ属、トネリコ属、シュロソウ属などでは、しばしば両性花と単性花とをもつものがみられる。これを雑居性という。[田村道夫]
相称面
花には、多くの場合、中心を通ったいくつかの相称面がある。二つ以上の相称面をもつ場合を放射相称という。アブラナ科にしばしばみられるような二つの相称面をもつ場合を二放射相称とよぶこともある。相称面が一つの場合を左右相称という。一般に花の相称面が減少することは進化と考えられている。トリカブト属、ヒエンソウ属などの花では花被だけの左右相称であるが、マメ科、シソ科、ゴマノハグサ科、タヌキモ科、ラン科などでは花全体が左右相称となる。また、放射面をもたない場合を不相称という。不相称は、サラシナショウマ属の例にみるように、花の構成の退化と関連することが多い。[田村道夫]
花要素の数
花を構成している花要素の数は一般に不定・多数から一定・少数へと進化すると考えられる。しかし、おびただしい数になる場合は、二次的な増数とみなされることもある。花要素の数が多ければ螺旋(らせん)に配列することが多いが、少なくなれば輪生し、かつ、3数、4数、5数などに定数化するようになる。定数化は萼片、花弁から雄蕊、心皮に及び、花要素全体を通じて確立する。双子葉植物では5数性の花が多く、単子葉植物には3数性の花が多い。輪生と定数化が確立した場合、雄蕊は2輪になり、さらに減輪して1輪になる。雄蕊が2輪である場合には、カキ科、アカテツ科などにみられるように、外輪が花弁または花冠裂片と互生するものと、イチヤクソウ科、ツツジ科などにみられるように外輪がそれらと対生するものとがある。また、1輪である場合にも、ツツジ科やイワウメ科などにみられるように、花弁や花冠裂片と互生するものと、サクラソウ科やイソマツ科にみられるように、それらと対生するものとがある。
 花要素を葉的器官であると考えると、離生しているのが本来であり、合着しているのは進化した状態といえる。花要素の合着には、同じ種類の花要素間の同類合着と、異なった花要素間の異類合着とがある。異類合着には、シソ科などにみられる花冠と雄蕊の合着や、センリョウ科、ラン科などにみられる雄蕊と雌蕊との合着などがある。同類合着では花弁の合着が古くから注目され、双子葉植物はしばしば離弁花類と合弁花類に二分される。しかし、離弁花と合弁花は系統の違いを示すのではなく、進化の程度を示す特徴である。また、心皮が離生しているか合着しているかも進化の程度を示す重要な特徴である。離生心皮花では心皮の数だけの雌蕊があるが、合生心皮花では心皮の数にかかわらず雌蕊は1個で、花の中央、すなわち花床の頂端に位置する。[田村道夫]
子房の下位化
被子植物の花におけるもっとも重要な進化として、子房の下位化がある。心皮はいちばんあとに形成される花要素であるため、原始的な花では、雌蕊は他の花要素の上に位置して子房上位花となる。しかし、進化に伴って、花床がへこんだり萼筒が形成されて子房を取り巻き、花弁や雄蕊が子房と同じくらいの高さにつくと子房中位(周位)花となる。さらに、花床や萼筒が子房を包むようになると、花弁や雄蕊のつく位置は子房より上になり、子房下位花となる。子房の下位化は胚珠の保護の強化のためであり、しばしば子房を包んだ花床が果実の形成に参加して偽果(ぎか)となる。[田村道夫]

送粉法

裸子植物では、花粉は風によって運ばれて胚珠につく風媒花である。一方、被子植物では、花粉が昆虫によって他の花の柱頭に運ばれる虫媒花が本来であり、風媒花は花の退化に伴って由来した二次的なものとみなすという意見が強い。しかし、被子植物でも風媒を本来の送粉法であるとして、裸子植物と関係づけようとする意見もある。鳥媒花やこうもり媒花は虫媒花の変形で、とくに大形の花をつける熱帯性植物によくみられる。水中で開花する水草は水媒花である。[田村道夫]

花の文化史

花と人のかかわりは、花粉分析、遺物、彫刻、絵画、文献などの直接的証拠のほか、神話、伝説、物語、語源、民族間の植物利用の比較などから知ることができる。
 人類最古の花利用は、6万年前の旧石器時代にさかのぼり、イラク北部のシャニダールの洞窟(どうくつ)に埋葬されたネアンデルタール人に、ヤグルマギクの1種Centaurea solstitialis、ノコギリソウ属Achillea、セネシオ(キオン)属Senecio、ムスカリ属Muscari、タチアオイ属Althaeaなどの花が手向けられていたことが、花粉分析から明らかにされている。
 古代のエジプトではスイレンが神へ献花された。新王国時代のテーベの壁画には中庭の池のスイレンが描かれるが、これは記録に残る最古の栽培花である。ツタンカーメンの墓からはヤグルマギクの花輪が発見され、ほかにもヒナゲシやベニバナなどが古代のエジプト王の墓に残されていた。異国の花への関心は古く、トトウメス3世は紀元前1450年ごろシリア遠征の記念に、その地のザクロやサトイモ科をはじめ275もの植物をカルナックの神殿に刻んだ。ツタンカーメンの副葬品にザクロをかたどった香膏(こうこう)用スプーンがあり、写実の正確さにおいて植物を意匠する最古最高の芸術品の一つといえよう。クレタのミノア文明にはマドンナリリーの壁画やサフランを描いた壺(つぼ)がある。
 ギリシア神話にはキンセンカ、スイセン、アネモネ、スミレなどの花々が登場する。古代のギリシア人は花冠や花輪を儀式に使った。それらはマドンナリリー、スイセン、ニオイスミレ、アネモネ、イブキジャコウソウの類、マヨナラ、ギンバイカなどでつくられ、栽培下にあった(テオフラストス『植物の探究』(前3世紀)ほか)。ディオスコリデスの『薬物について』(1世紀)には、多肉植物のアエオニウムの1種Aeonium arborumの栽培が記述されている。
 花は宗教とも関係が深い。聖書に飾られた花は出てこないが、マドンナリリーは聖母マリアの花として、中世の宗教絵画には数多く描かれた。インドではヒンドゥーの神話にハスが登場し、仏教でもハスは聖花である。ほかにも仏典にはアショカ、デイコ、キンコウボク、ザクロ、マツリカ、キョウチクトウをはじめ多数の花が顔を出す。
 中国の花は周代の『詩経』にシャクヤク、ハス、ランが、『礼記(らいき)』(前1世紀)にキクやランが載るが、花を観賞するよりは薬用としての面が強かった。唐代に至って花卉(かき)園芸は発達を遂げ、姚氏は『西渓叢話(そうわ)』で花卉30種を客に例えてあげた。それらは牡丹(ぼたん)(貴客)、梅(酒客)、蘭(らん)(幽客)、桃(妖(よう)客)、杏(あんず)(艶(えん)客)、蓮(はす)(渓客)、木犀(もくせい)(岩客)、海棠(かいどう)(蜀(しょく)客)、躑躅(つつじ)(山客)、梨(なし)(淡客)、菊(寿客)、木芙蓉(きふよう)(酔客)、蝋梅(ろうばい)(寒客)、丁香(ライラック、情客)、(まいかい)(バラ、刺客)、木槿(むくげ)(時客)、安石榴(ざくろ)(村客)などで、ほとんどが花木である。
 日本では『古事記』『日本書紀』にそれぞれ約80種、あわせておよそ100種の植物がみられるが、そのなかで花や実の美しい植物は、ユリ、サクラ、ツバキ、ナシ、フジ、ヒオウギ、ホオズキ、ハス、外来のタチバナ、スモモ、ニワウメ、フジバカマと8分の1ほどにすぎない。ところが『万葉集』では、名のあがる160余りの植物のうち、花の美しい草木は44種に増える。当時、人家で栽培されていた花は草花より花木が圧倒的に多かった。日本自生の花木にはヤマブキ、アセビ、ハギ、ツバキ、フジ、サクラ、ナシ、ウツギ、アジサイ、センダン、ネムノキ、ツツジ、草花にはナデシコ、ユリ、ハス、渡来種の花木としてウメ、モモ、スモモ、ニワウメ、タチバナ、草花にカラアイ(ケイトウ)、クレナイ(ベニバナ)があり、ほかにマツ、タケ、カエデ、中国産のシダレヤナギやカラタチなども栽培されていた。ウツギは生け垣として使われているが、これは世界的にみて早い。『万葉集』には、室内で飾られた花はユリの蘰(かずら)(4086、4087)を除いてない。『万葉集』には「白露の置かまく惜しみ秋萩(はぎ)を折りのみ折りて置きや枯らさむ」(2099)と詠まれているように、当時は花を手折っても、そのまま眺めるか挿頭華(かざし)や蘰にして飾り、室内で花をいける習慣はなかったとみられる。いけ花のもっとも古い記録は仏への供華(くげ)で、『東大寺要録』に載る752年(天平勝宝4)4月10日、元興(がんごう)寺から送られた「東の山辺をきよみ邇井々(にいい)せる盧舎那(るしゃな)仏に花たてまつる」の記述である。いけ花は、『枕草子(まくらのそうし)』『源氏物語』をはじめとする平安文学には、サクラ、リンドウなど少数を除いて、ほとんど登場しない。盛んになるのは室町時代以降である。
 日本の花卉園芸は江戸時代に入って急速な発展を遂げた。それらは水野元勝(もとかつ)の『花壇綱目』(1681)、貝原益軒の『花譜』(1694)および代々の伊藤伊兵衛による『花壇地錦抄(ちきんしょう)』(1695)をはじめとする一連の地錦抄シリーズに跡をとどめる。種類別には安楽庵策伝(あんらくあんさくでん)の『百椿(ひゃくちん)集』(1630)、伊藤伊兵衛三之丞(さんのじょう)のツツジ類の『錦繍枕(きんしゅうまくら)』(1692)、山村遊園のボタンの『紫陽(しよう)三月記』(1691)以降、カエデ、キク、サクラ、アサガオ、ウメ、ハス、ハナショウブなどの図集が次々と刊行された。さらにサクラソウ、ナデシコ、ミヤマウズラ、ミスミソウ、フクジュソウ、セッコク、マンリョウやカラタチバナ、マツバラン、オモトなど日本固有の草花を中心とする品種改良が流行した。それらは庶民も加わった点で、当時世界に類の少ない花文化であったといえよう。なかでも斑(ふ)入りや観葉植物の観賞も世界に先駆け、繁亭金太(はんていきんた)の『草木奇品家雅見(かがみ)』(1827)や水野忠暁(ただとし)の『草木錦葉集』(1829)に集大成された。
 いけ花、盆栽、生け垣、造園など日本の植物芸術は明治以降も発展し、現代はそれにフラワー・デザインの分野も加わり、日本の花文化を形成している。[湯浅浩史]

民俗

花の色、香、形に対する関心は人類に共通のもので、さまざまな習俗に投影している。神話・伝説をはじめ、信仰儀礼、年中行事、贈答、花言葉、国花、占いなどに用いられる。日本では『万葉集』のころまでは、単に花といえば梅の花をさす例が多く、『古今集』の時代になると桜が勢力を増してくる。色鮮やかな花は仏教に結び付いている場合が多いように見受けられる。民族によっても、時代によっても、人気のある花は変化するものである。
 年中行事を中心に、花の登場する場面を拾い上げてみる。まず、花ではないが正月用の門松迎えを花迎えとよぶ地方がある。小正月(こしょうがつ)の削り花は、木の枝につけて豊作を予祝する呪術(じゅじゅつ)であるが、花飾り、花正月、花かき節供などといい、小正月から月末までを花の内とよぶ地方もある。旧暦3月ごろの花見は広く行われており、そのころから春の農作業にとりかかるので、特定の花の咲きぐあいによって、各作業を始める時期の目安にしている。旧暦(現在では多くは太陽暦)4月8日の灌仏会(かんぶつえ)は花祭ともいい、御堂(みどう)の屋根を花で葺(ふ)くことが知られているが、ほかにも同日に長い竿(さお)の先に花をつけて掲げる高花(たかはな)・天道花(てんとうばな)の習俗がある。盆にはオミナエシなどの盆花迎えがあって、その花を売る盆市(いち)を花市ともいう。春の七草は野草が中心であるが、秋の七草は野花でまとめている。紋章にも花をあしらったものがあり、皇室は菊の花を用いている。華道は仏教を背景として、日本人の美意識を芸道に高めた。[井之口章次]

文学

草木の花の総称、あるいは花鳥風月、雪月花、花鳥、花月、花紅葉(はなもみじ)など自然美の代表的な景物としての花を概念化した呼称。また、『八雲御抄(やくもみしょう)』(13世紀)に「近代はただ花と云(い)ふは皆桜也(なり)」というように、のちには桜など典型的な花を限定していうようにもなった。『万葉集』に「青丹(あをに)よし奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり」(巻3・小野老(おゆ))とあるように華やかさを象徴する景物であり、「はなやぐ」「はなめく」「はなばなし」「はなやか」など、華美を表現する語にも「花」に関連するものが多い。また、『古事記』上の木花開耶姫(このはなのさくやひめ)のように、美しいがはかないものともされて、さらに、『古今集』「仮名序」の「今の世の中色に付き、人の心花になりにけるにより」のように軽薄さ、『源氏物語』「宿木(やどりぎ)」の「花心におはする宮(匂宮(におうのみや))なれば」のように不実などを表すこともある。歌論で「花」「実」を対照させて用いるが、この場合も、「心」に対する「詞(ことば)」、心情に対する表現の意とともに、虚飾的な語感で用いられることもある。世阿弥(ぜあみ)の能楽論でも、「花」は重要な美的理念であり、『風姿花伝』などで、役者の年齢や力量に応じて表される内面的な魅力、いわば華やぎを意味する術語として用いられており、それは歌舞伎(かぶき)などにも継承されていく。『万葉集』の花としては、「朝顔(桔梗(ききょう)か)・馬酔木(あしび)・菖蒲(あやめ)・卯(う)の花・梅・杜若(かきつばた)・葛(くず)・紅花・桜・薄(すすき)・菫(すみれ)・橘(たちばな)・月草(つきくさ)・躑躅(つつじ)・椿(つばき)・撫子(なでしこ)・萩(はぎ)・藤・紫草・桃・山吹・百合(ゆり)・忘れ草(萱草(かんぞう))・女郎花(をみなへし)」などが多く詠まれ、『古今集』では新たに「菊」などが加わっている。『枕草子(まくらのそうし)』の「木の花は」の段には、「紅梅・桜・藤・橘・梨(なし)・桐(きり)・楝(あふち)」、「草の花は」の段には、「撫子・女郎花・桔梗・朝顔・刈萱(かるかや)・菊・壺(つぼ)菫・竜胆(りんだう)・かまつかの花・かにひ(雁緋)の花・萩・八重山吹・夕顔・しもつけの花・葦(あし)の花・薄」などが取り上げられており、特異なものもあるが、王朝文学にみられる花はここにほぼ網羅されていると考えてよいだろう。『風俗文選(ふうぞくもんぜん)』(1706刊)の「百花譜」は、「梅・紅梅・桜・海棠(かいだう)・梨・椿・桃・藤・山吹・薔薇(しゃうび)・牡丹(ぼたん)・芍薬(しゃくやく)・罌粟(けし)・杜若・百合・姫百合・合歓(ねむ)・昼顔・紫陽花(あぢさゐ)・卯の花・朝顔・鶏頭(けいとう)・蘭(らん)・鳳仙花(ほうせんくわ)・女郎花・桔梗・萩・菊・寒菊・冬牡丹」などの花を女性に見立てて論じたもので、近世の文学における花の代表的な品種が掲げられている。和歌から俳句に至る詩歌を中心に、日本の文学においてつねに花が題材としてもっとも大きな位置を占めており、花が咲くのを待ち、花が散るのを惜しむ心情を表出することが、自然美を描く文学の中心的な主題であった。[小町谷照彦]
『浜健夫著『植物形態学』(1958・コロナ社) ▽田村道夫著『被子植物の系統』(1974・三省堂) ▽田村道夫著『生きている古代植物』(1974・保育社) ▽本田正次監修、山崎敬編『現代生物学大系 高等植物A2』(1984・中山書店) ▽原襄・福田泰二・西野栄正著『植物観察入門』(1986・培風館) ▽京都園芸倶楽部編『花壇地錦抄・増補地錦抄』(1983・八坂書房) ▽中野定雄他訳『プリニウスの博物誌』(1986・雄山閣出版) ▽湯浅浩史著『花の履歴書』(1982・朝日新聞社・朝日選書) ▽塚本洋太郎著『私の花美術館』(1985・朝日新聞社・朝日選書) ▽春山行夫著『花の文化史』(1986・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花の関連キーワード受粉無性生殖有性世代卵子接合生殖細胞生殖器官有性生殖両性生殖雄蕊雌蕊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花の関連情報