コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両極性拡散 りょうきょくせいかくさんambipolar diffusion

1件 の用語解説(両極性拡散の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両極性拡散
りょうきょくせいかくさん
ambipolar diffusion

電子とイオンが同じ速度で拡散すること。放電管の内部で電離によって生成された電子とイオンは,管壁への拡散と気体中での再結合によって消失する。圧力が 0.1~10Torrぐらいのときは,再結合の確率は小さく,ほとんどの電子とイオンは管壁へ到達して,ここで電荷を失って中性に戻る。その際,電子が先に管壁に達して,放電管の軸から管壁に向う半径方向の電場ができ,この電場はイオンを管壁へと加速し,電子を減速するので,平衡状態では電子とイオンの速度は同一になる。これを両極性拡散と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone