コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両独通貨統合 りょうどくつうかとうごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両独通貨統合
りょうどくつうかとうごう

1990年7月1日をもって旧東独のマルクを旧西独のそれに組み入れたこと。 1989年の東ヨーロッパ民主化の流れの中でベルリンの壁が崩れ,90年5月 18日に東西ドイツ間で通貨統合に関する条約 (通貨・経済・社会保障同盟の創設に関する国家条約) が結ばれて実現した。同年 10月の東西ドイツ統一を前にした7月1日に発効。条約によると,東独マルクと西独マルクを基本的に1対1の比率で交換し,東独はその経済主権をほぼ完全に西独に委譲した。しかし東独での激しい物価高騰や,1000億マルクに及ぶ西独側の大きな財政負担など,数々の問題を抱えての通貨統合であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

両独通貨統合の関連キーワード荒木経惟スミス(Kiki Smith)スペースシャトル飛行記録ミハイル ゴルバチョフ印僑磯崎新海部俊樹内閣高松伸富岡多恵子ドイツ統一

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android