コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両足尊 りょうそくそん

3件 の用語解説(両足尊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両足尊
りょうそくそん

仏教用語。仏の尊称の一つ。すべての生類を多足,無足,両足に分け,そのなかで両足のもの (神々や人間) が最も尊いとし,さらに両足のもののなかで最も尊い人という意。さらに後代の象徴的な解釈としては,戒と定,権と実,福と慧など内面的な両徳が満ち足りたものという意であるともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りょうそくそん【両足尊】

〔二つの足をもつものの中で最も尊い者の意〕
仏の尊称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone