中世日本紀(読み)ちゅうせいにほんぎ

百科事典マイペディアの解説

中世日本紀【ちゅうせいにほんぎ】

日本書紀》の注釈書。神仏混淆の中世神道教義の整備に伴って,その〈神代紀〉を〈神典〉として仰ぐ傾向が強まり,仏教思想や中国故事を用いて,書紀本文を自在に解釈した。従来低い価値しか認められてこなかったが,歌論書や説話集との交渉等について,近年急速に研究が進みつつある。神代巻本文への書き込みの形も含め,多くの本が残されているが,一条兼良の《日本書紀纂疏》(15世紀半ば)や吉田兼倶の《日本書紀神代抄》,清原宣賢の《日本書紀神代巻抄》(1536年)などは写本も多く広く読まれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android