日本書紀纂疏(読み)にほんしょきさんそ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「日本書紀纂疏」の解説

日本書紀纂疏
にほんしょきさんそ

日本書紀』の神代巻注釈書。室町時代の古典学者一条兼良。6巻。享保6 (1721) 年刊。神代巻の本文に逐語的にを施したもので,漢籍,仏典を引用している。室町時代の両部 (りょうぶ) 神道吉田神道の影響が認められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「日本書紀纂疏」の解説

日本書紀纂疏
にほんしょきさんそ

室町時代,一条兼良 (かねよし) の『日本書紀』神代巻の注釈書
8巻。鎌倉・室町期に勃興した神道論の影響をうけ,仏教儒教思想を加味した両部神道立場にたった詳細な注釈。考証的学問価値より神道論的色彩が濃い。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「日本書紀纂疏」の解説

にほんしょきさんそ【日本書紀纂疏】

室町時代に書かれた《日本書紀》の注釈書。著者は一条兼良。神代の巻のみを対象とし,それも一部は散逸して,兼良何歳のころの著作か未詳。著者は博学で著名だが,文献学的研究としては鎌倉時代の《釈日本紀》などよりむしろ後退し,神代は儒教や仏教の教義と照合すれば理解できるとする,いわゆる神儒仏三教一致の思想を展開しており,後世からの注釈書としての評価は低い。【青木 和夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android