コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本書紀纂疏 にほんしょきさんそ

2件 の用語解説(日本書紀纂疏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本書紀纂疏
にほんしょきさんそ

日本書紀』の神代巻の注釈書。室町時代の古典学者一条兼良の著。6巻。享保6 (1721) 年刊。神代巻の本文に逐語的に注を施したもので,漢籍,仏典を引用している。室町時代の両部 (りょうぶ) 神道,吉田神道の影響が認められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしょきさんそ【日本書紀纂疏】

室町時代に書かれた《日本書紀》の注釈書。著者は一条兼良。神代の巻のみを対象とし,それも一部は散逸して,兼良何歳のころの著作か未詳。著者は博学で著名だが,文献学的研究としては鎌倉時代の《釈日本紀》などよりむしろ後退し,神代は儒教や仏教の教義と照合すれば理解できるとする,いわゆる神儒仏三教一致の思想を展開しており,後世からの注釈書としての評価は低い。【青木 和夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本書紀纂疏の関連キーワード釈日本紀稜威道別厚顔抄水原抄日本書紀通釈日本書紀通証ラベイカ梁塵愚案抄日本書紀伝四條流

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone