コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中井蕉園 なかい しょうえん

美術人名辞典の解説

中井蕉園

江戸後期の大阪の儒者竹山の子。名は曽弘、字は伯毅、号は仙波・介庵、通称は遠蔵。幼少より文藻絶倫であったが、長じて詩名大いに揚がる。享和3年(1803)歿、37才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中井蕉園 なかい-しょうえん

1768*-1803 江戸時代中期-後期の儒者。
明和4年12月18日生まれ。中井竹山の子。幼少のころより詩文の才能をあらわし,父竹山より10の題をあたえられ一夜にして10編の詩をつくった。寛政9年懐徳堂学主。頼山陽(らい-さんよう)がその文才を称賛した。享和3年8月4日死去。37歳。大坂出身。名は曾弘。字(あざな)は伯毅。通称は遠蔵。別号に仙坡,介庵。著作に「騮嚢(りゅうのう)」「碧嚢(へきのう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中井蕉園の関連キーワード中井抑楼

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android