コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中務内侍 ナカツカサノナイシ

3件 の用語解説(中務内侍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なかつかさのないし【中務内侍】

鎌倉後期の女流歌人。中務大輔(たいふ)藤原永経の娘。伏見天皇に仕え、和歌に長じた。「中務内侍日記」の作者。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中務内侍 なかつかさのないし

?-? 鎌倉時代の女官,歌人。
宮内卿藤原永経の娘。伏見(ふしみ)天皇につかえ,伏見院中務内侍ともよばれた。弘安3年(1280)以降の13年間の宮廷生活を記録した「中務内侍日記」の作者として知られる。「玉葉和歌集」に2首がある。中務は父の官職名の中務大輔(たいふ)から。名は経子(けいし)。
【格言など】変る世の憂きにつけてぞ古のあはれなりしも思ひしらるる(「玉葉和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中務内侍

生年:生没年不詳
鎌倉時代の日記作者,歌人。従三位藤原(高倉)永経の娘。本名経子。伏見天皇に春宮時代より仕え,弘安10(1287)年天皇践祚とともに掌侍となり,中務内侍呼ばれる。正応5(1292)年病により宮仕えを辞した。その著書『中務内侍日記』は,弘安3(1280)年からの13年間の回想記。前半は春宮奉仕時代,後半は内裏奉仕時代の宮廷生活を中心に,宮廷での風流文事,君臣・女房の友愛に満ちた交流,即位の行事などを,154首の和歌をまじえて描いている。哀愁をおびた筆致のなかに,作者の温かな人柄や,事務的才能に恵まれた中堅女房という一面が浮かび上がる。『玉葉集』に2首入集。<参考文献>岩佐美代子「校注中務内侍日記」(『中世日記紀行集』)

(田渕句美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中務内侍の関連キーワード弁内侍藤原顕氏藤原英子藤原公明藤原季能藤原為継藤原為理藤原親実(1)藤原雅子藤原宗業