コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中務内侍日記 なかつかさのないしにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中務内侍日記
なかつかさのないしにっき

鎌倉時代の女流日記。藤原経子著。1巻。正応5 (1292) 年完成か。著者は伏見天皇春宮 (とうぐう) 時代から仕えた中務内侍弘安3 (80) 年末から正応5年春までの記事で,宮廷行事などの見聞や女房生活の体験が中心となり,和歌 154首,長歌2首,連句4句を含んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なかつかさのないしにっき【中務内侍日記】

中務内侍の日記。1巻。弘安3年(1280)伏見天皇東宮(とうぐう)時代から、正応5年(1292)病で里に下がるまでの仮名文日記。身辺や宮廷生活を記したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

中務内侍日記【なかつかさのないしにっき】

鎌倉後期の日記。作者中務内侍は宮内卿藤原永経の女(むすめ)で伏見天皇に仕えた。1280年―1292年の見聞を記したもので,大嘗会など宮廷の公事,儀式の記述が中心。
→関連項目伊勢日記文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかつかさのないしにっき【中務内侍日記】

鎌倉時代の日記。著者は藤原永経の娘経子。伏見天皇に内侍として仕えた。日記は1280年(弘安3)冬から,1292年(正応5)著者が病気で宮中を去るまでの間,後宇多天皇の譲位,伏見天皇の即位,大嘗会(だいじようえ)など宮中の主要行事の記録を主に,おりおりの行幸,賀茂祭,大原野祭その他の宮廷諸行事の見聞を記す。〈中務〉の呼称は父永経の官職中務大輔にちなむ。【今西 祐一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なかつかさのないしにっき【中務内侍日記】

日記。一巻。藤原永経女(中務内侍)作。1280年から92年までの日記。伏見天皇に仕えた作者が、宮中での生活や四季折々の感興を和歌を交えて記したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中務内侍日記
なかつかさのないしにっき

鎌倉後期の日記文学。1292年(正応5)ごろ成立。作者は中務大輔(たいふ)藤原永経(ながつね)の女(むすめ)、伏見(ふしみ)院中務内侍(本名経子、生没年未詳)。内容は1280年(弘安3)から92年に至る13年間、伏見天皇の春宮(とうぐう)時代から即位以後にわたり、病気で退出するまでの宮廷生活を記している。趣(おもむき)深い遊宴、華やかな行事、厳かな儀式の模様、忘れがたい旅の思い出などをつづって、伏見天皇に内侍として仕えた光栄を記念したもの。長い春宮時代ののち、伏見は天皇となり持明院(じみょういん)統にようやく春が巡ってきたという感慨が基調にある。なかには浅原為頼(ためより)の伏見天皇暗殺未遂事件の記事もあり、持明院・大覚寺両統迭立(てつりつ)時代の暗さがおのずから反映し、めでたいことを記しているわりには明るさが乏しいが、しみじみときめ細かく、味わい深いところのあるのは伏見・永福門院(えいふくもんいん)を中心とする京極派、玉葉歌風に通じるものがある。[松本寧至]
『玉井幸助著『中務内侍日記新注』(1958・大修館書店) ▽玉井幸助著『日記文学の研究』(1965・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中務内侍日記の関連キーワードK. ミュラー成る・為る押し出だし京極為兼鎌倉時代玉の井筋違ふ清暑堂持明院美し感興御昼御夜朝所赤衣解陣

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android