コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原章任 なかはらの のりとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原章任 なかはらの-のりとう

?-1321 鎌倉時代の官吏。
大判事,明法(みょうぼう)博士,明法侍読,修理権(ごんの)大夫をつとめる。中原家につたわる説をまとめ律令注釈集「金玉掌中抄(きんぎょくしょうちゅうしょう)」をかいた。元亨(げんこう)元年6月死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中原章任

生年:生没年不詳
鎌倉後期の 明法家。章継の子(『職原抄』は章職の子とする)。明法博士,検非違使,左衛門尉。院北面,西園寺家家司をも勤める。法書『金玉掌中抄』を著し,花園上皇に律令を進講するなど,当代有数の明法家であった。

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の中原章任の言及

【金玉掌中抄】より

…鎌倉末期の法律書。中原章任著。全72条から成り,《法曹(ほつそう)至要抄》以来の公家法の伝統をうけ,とくに刑事法的規定について律令格式等を引用し法意の解釈を行ったもの。…

※「中原章任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中原章任の関連キーワード鎌倉時代大判事生年

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android