コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原章兼 なかはらの のりかね

2件 の用語解説(中原章兼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原章兼 なかはらの-のりかね

?-? 鎌倉-南北朝時代の官吏,明法(みょうぼう)家。
中原章房(のりふさ)は鎌倉幕府をたおそうとする後醍醐(ごだいご)天皇をいさめたため,元徳2年(1330)天皇の命により暗殺された。章兼は暗殺の下手人をさがしだして討ち,文官のあだ討ちとして評判になった。京都出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中原章兼

生年:生没年不詳
鎌倉後期の明法家。博士家勢多氏の祖。大判事中原章房の子。元徳2(1330)年4月1日に清水寺で暗殺された父の敵を追い求め,同年4月17日,白河において,下手人瀬尾兵衛太郎を発見し,弟章信と共に瀬尾を討った。文官の仇討ちとして喧伝された。

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone