コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原章房 なかはらの のりふさ

3件 の用語解説(中原章房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原章房 なかはらの-のりふさ

?-1330 鎌倉時代の官吏。
明法(みょうぼう)博士となり,嘉暦(かりゃく)3年大判事に任じられる。元徳2年後醍醐(ごだいご)天皇から討幕計画をうちあけられたが逆にいさめたため,秘密のもれるのをおそれた天皇の命で同年4月1日瀬尾兵衛太郎により暗殺された。子の章兼は瀬尾をさがしだして討ち,文官のあだ討ちとして評判になった。名は「あきふさ」ともよむ。

中原章房 なかはらの-あきふさ

なかはらの-のりふさ

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中原章房

没年:元徳2.4.1(1330.4.19)
生年:生年不詳
鎌倉後期の明法家。大判事中原章保の子。嘉暦3(1328)年大判事に任じられた。「法曹一途ノ硯儒」(『太平記』)と称され,後醍醐天皇から信任を受けた。天皇から討幕の計画を打ち明けられたが,成算なしとこれを諫めた。しかし,秘計の漏洩を恐れた天皇の命令を受けた瀬尾兵衛太郎によって,清水寺参詣の際暗殺された。

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

中原章房の関連キーワード高階隆兼世良親王韓国の家庭ごみ有料化昭和南海地震の被害足利義詮Edward the Confessor恵林寺ガワー徒然草天子山地

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone