コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原章房 なかはらの のりふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原章房 なかはらの-のりふさ

?-1330 鎌倉時代の官吏。
明法(みょうぼう)博士となり,嘉暦(かりゃく)3年大判事に任じられる。元徳2年後醍醐(ごだいご)天皇から討幕計画をうちあけられたが逆にいさめたため,秘密のもれるのをおそれた天皇の命で同年4月1日瀬尾兵衛太郎により暗殺された。子の章兼は瀬尾をさがしだして討ち,文官のあだ討ちとして評判になった。名は「あきふさ」ともよむ。

中原章房 なかはらの-あきふさ

なかはらの-のりふさ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中原章房

没年:元徳2.4.1(1330.4.19)
生年:生年不詳
鎌倉後期の明法家。大判事中原章保の子。嘉暦3(1328)年大判事に任じられた。「法曹一途ノ硯儒」(『太平記』)と称され,後醍醐天皇から信任を受けた。天皇から討幕の計画を打ち明けられたが,成算なしとこれを諫めた。しかし,秘計の漏洩を恐れた天皇の命令を受けた瀬尾兵衛太郎によって,清水寺参詣の際暗殺された。

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中原章房の関連キーワード中原章兼鎌倉時代勢多章甫平成輔没年官吏

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android