コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国=ビルマ条約 ちゅうごく=ビルマじょうやくSino Burman Treaty of Friendship and Non-Aggression

1件 の用語解説(中国=ビルマ条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国=ビルマ条約
ちゅうごく=ビルマじょうやく
Sino Burman Treaty of Friendship and Non-Aggression

1960年1月 28日に北京で,中国の周恩来,ビルマ (現ミャンマー) のネ・ウィン両首相によって結ばれた「友好相互不可侵条約」。イギリス領時代から懸案となっていた両国間の国境問題を解決する「中国=ビルマ国境協定」と同時に調印された。中国=ビルマ条約はその第3条で「締約国双方は相互不可侵を保障し,相手国を対象とする軍事同盟に参加しない」ことを規定し,中国が非共産圏諸国と結んだ最初の不可侵条約として注目された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中国=ビルマ条約の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone