コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国営造学社 ちゅうごくえいぞうがくしゃZhōng guó yíng zào xué shè

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくえいぞうがくしゃ【中国営造学社 Zhōng guó yíng zào xué shè】

中国の建築研究機構。1929年,朱啓鈐(しゆけいきん)を中心として創設された。中国の伝統的な建築技術の振興と保存を主眼として,文献考証と現地調査の両面から研究活動を展開した。《営造法式》等の技術書古典の編纂・出版,各地に現存する古建築の調査を行い,その成果を単行本および機関誌《中国営造学社彙刊》1~7巻(1930‐45)に発表し,今日に至る中国建築史学の基礎を築いた。【田中 淡】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

中国営造学社の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android