コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中垣謙斎 なかがき けんさい

2件 の用語解説(中垣謙斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中垣謙斎 なかがき-けんさい

1805-1876 江戸時代後期の儒者,武士。
文化2年5月29日生まれ。相模(さがみ)(神奈川県)小田原藩士。藩校集成館の創設とともに助教。以後,大目付,監察をつとめ,戊辰(ぼしん)戦争の際,藩論を勤王恭順にみちびき,文武督学・小田原藩少参事となった。明治9年6月1日死去。72歳。名は秀実。字(あざな)は仲成。著作に「垂孫金城録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中垣謙斎

没年:明治9.6.1(1876)
生年:文化2.5.29(1805.6.26)
幕末の小田原藩(神奈川県)藩士。父は秀元,母は梅原氏。文政5(1822)年,藩主大久保真忠の藩政改革の一環として藩校集成館が創設されるに際し,助教に任ぜられる。時に18歳。次いで世子の付役に登用され,以来藩政の中枢にあり続けた。鳥羽・伏見の戦の後の明治1(1868)年閏4月,林忠崇,伊庭八郎ら率いる旧幕府軍の説得により藩論は新政府への抗戦論に傾斜。この報に接し江戸から帰藩,勤王恭順を建言し,藩論をその方向に導く。のち小田原藩少参事。また私塾謙塾を経営した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中垣謙斎の関連キーワード石垣山小田原城小田原稲葉正員稲葉正倚岩瀬大江進大久保忠増関重麿松井半平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone