コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央シベリア台地 ちゅうおうシベリアだいちSrednesibirskoe ploskogor'e

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中央シベリア台地
ちゅうおうシベリアだいち
Srednesibirskoe ploskogor'e

ロシア中東部,シベリア中央部にある広大な台地。東はレナ川,南はバイカル湖地方と東サヤン山脈,西はエニセイ川に限られ,北は北シベリア低地に続く。面積約 350万 km2。古期の安定した結晶質岩石の基盤の上に,海成層その他の新しい地層が堆積して形成された。平均標高は 500~700mであるが,プトラナ高原エニセイ山脈など,ところどころに高地がある。最高点はプトラナ高原の 1701m。大部分はタイガで,北緯 68°以北に灌木,ツンドラが現れる。鉄,金,石炭,ニッケル,ダイヤモンド,岩塩,雲母などを産し,北部には石油,天然ガスの埋蔵も知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

中央シベリア台地の関連キーワードポドカメンナヤトゥングスカ川ニジニャヤトゥングスカ川クラスノヤルスク地方イルクーツク州オレニョク川サハ共和国タイムイルアンガラ川ビリュイ川コトゥイ川アナバル川チョーナ川トゥラーエベンキロシア

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android