中央研究院(読み)ちゅうおうけんきゅういん(英語表記)Zhōng yáng yán jiū yuàn

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうおうけんきゅういん【中央研究院 Zhōng yáng yán jiū yuàn】

中華民国の最高研究機関。中国科学院前身英名Academia Sinica。1928年6月に,中華民国大学院中央研究院を母体として創立された。初代院長は蔡元培。初め物理,化学天文気象地質工程(土木建築),社会科学,歴史語言の8研究所で発足し,のち心理,動物,植物,数学医学等の研究所が増設された。北伐成功後の国民政府による研究体制確立の中心的機構として重視され,その期待にこたえて北洋軍閥の支配時期に比べれば格段の成果をあげたが,日中戦争のため発展の道を閉ざされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の中央研究院の言及

【中国科学院】より

…中国における自然科学研究(基礎)の中心機構。前身は,中華民国時代の中央研究院,および北京研究院だが,当時の研究所は20余,研究スタッフは200余人であった。これを基礎に,1949年11月中国科学院を成立させた。…

※「中央研究院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央研究院の関連情報