コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔡元培 さいげんばいCai Yuan-pei

7件 の用語解説(蔡元培の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔡元培
さいげんばい
Cai Yuan-pei

[生]同治7(1868).1.11.
[没]1940.3.5. ホンコン
中国の倫理学者,教育家。浙江省紹興の人。字は鶴卿。号は孑 (けつ) 民。光緒 28 (1902) 年中国教育会を組織し,次いで愛国学社を設立し,革命教育に努力。辛亥革命後,中華民国初代教育総長となったが,軍閥と衝突し7ヵ月で辞任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐げんばい【蔡元培】

[1868~1940]中国の思想家・教育家。紹興(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は鶴卿(かくけい)。号は孑民(げつみん)。末の革命運動に参加。中華民国成立後は初代教育総長・北京大学校長などを歴任。文学革命五・四運動を支援。著「哲学綱要」「中国倫理学史」「蔡元培選集」など。ツァイ=ユアンペイ。

ツァイ‐ユアンペイ【蔡元培】

さいげんばい(蔡元培)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蔡元培【さいげんばい】

中国,清末〜民国の思想家。浙江省紹興の人。章炳麟らと光復会を組織したが,1907年ドイツに留学。辛亥革命後,臨時政府の初代教育総長となり,学制の基礎を置く。また北京大学校長としてすぐれた学者を集め,文学革命の拠点とした。
→関連項目宋慶齢北京大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいげんばい【蔡元培 Cài Yuán péi】

1868‐1940
中国の教育家,学者。浙江省紹興府出身。原名は鶴卿,字は孑民(けつみん)。清末の進士で戊戌(ぼじゆつ)政変後,中国教育会や愛国学社,愛国女学を創設して清朝打倒の革命の道に入る。1904年(光緒30)光復会を作り,翌年中国同盟会に加入した。07年よりドイツに留学しライプチヒ大学で学ぶ。12年中華民国臨時政府成立とともに教育総長に就任し,新たな教育目標として軍国民・実利・公民道徳・世界観・美育の五教育主義の実現を掲げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいげんばい【蔡元培】

1868~1940) 中国の教育家・哲学者。浙江省出身。清末の革命運動に参加。ドイツに留学。中華民国初代の教育総長となり、近代教育の基礎を作る。文学革命や五・四運動のときは北京大学校長であったが、革新派を支持。自由主義者として一生を貫いた。著「哲学綱要」「中国倫理学史」など。ツァイ=ユアンペイ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔡元培
さいげんばい / ツァイユワンペイ
(1868―1940)

中国の思想家、教育者。字(あざな)は鶴卿(かくけい)、号は孑民(げつみん)。浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)府山陰県の人。商家に生まれ、清(しん)末の伝統教育を受けて進士に合格、翰林院(かんりんいん)編修となったが、日清(にっしん)戦争を機に西学に志し、官を辞して教育活動に従事し、革命運動に接近、1904年光復会会長に推された。辛亥(しんがい)革命後、1912年中華民国初代教育総長に就任して近代教育の制度と精神の基礎を定め、ついで1917年北京(ペキン)大学校長となり、多くの革新的人材を集めて、新文化運動、さらには五・四運動の陰の力となった。国民政府成立後は中央研究院院長として学術、教育、文化の振興に努めたが、国民党のファッショ化に対しては1932年宋慶齢(そうけいれい)、魯迅(ろじん)らと中国民権保障同盟を結成して抵抗、強靭(きょうじん)な自由主義者の面目を発揮した。1940年3月5日、抗日戦争中に香港(ホンコン)で死去した。著述は『蔡元培全集』全7巻にまとめられている。[丸山松幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蔡元培の言及

【光復会】より

…帝政ロシアの東北(旧満州)侵略を引金に,1904年(光緒30)冬,上海で結成された。初代会長は蔡元培であったが,終始,章炳麟の強い影響下にあった。ほかに,陶成章,徐錫麟(じよしやくりん),秋瑾らも有名で,広く江浙一帯の教育界,商業界,会党からの支持を得ていた。…

【五・四運動】より

…ロシア革命の成功により,〈能力に応じて働き,必要に応じて受け取る〉理想社会の建設の夢が進歩的知識人の心をとらえた。1918年12月の北京の大戦祝勝会で,蔡元培が〈労働神聖〉を,李大釗が〈庶民の勝利〉を演説したのは,そのような社会思潮の反映だったが,同時に民主と科学が社会主義と結びつけられはじめたことの象徴でもあった。ロシア革命ないし働くものの社会に共感を示すようなものは,支配階級からは過激派(ボリシェビキの当時の訳語)とみなされていたが,五・四運動の経験をふまえて実際に中国の共産主義者の隊列が形成される。…

【中国民権保障同盟】より

…趣旨は国民党反動派の白色テロに反対し,人民の言論,出版,結社の自由を守り,すべての愛国的,革命的政治犯を救済するにあった。1932年12月,宋慶齢を主席,蔡元培を副主席,楊杏仏を幹事長として発足し,ただちに陳独秀,許徳珩,廖承志,丁玲らの救済を試みている。上海,北京などに分会を有し,魯迅も上海分会の執行委員として名を連ねていた。…

【北京大学】より

…1912年,北京大学と改称したが,当時はまだ官吏養成機関としての性格が強かった。17年,蔡元培が学長に就任して,陳独秀を文科科長に据え,李大釗(りたいしよう),魯迅などを招聘し,アカデミックな大学に改革して以来,名実ともに学問の殿堂としての陣容を整えた。19年の五・四運動の先頭に立ったのは北京大学の学生であった。…

※「蔡元培」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

蔡元培の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)天野八郎鮎沢伊太夫井上石見ウィリス上杉斉憲沖田総司

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone