中尾十郎(読み)なかお じゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中尾十郎 なかお-じゅうろう

?-1882 明治時代の実業家,公共事業家。
愛知県北金屋村(豊川市)の鋳物業者中尾家の養子となり,家業をつぐ。明治6年学区取締となり,8年私財を投じて金屋学校を設立。第八国立銀行などの設立にもくわわった。明治15年11月1日死去。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。初名は寛二。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android