コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山久四郎 なかやまきゅうしろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山久四郎
なかやまきゅうしろう

[生]1874.2.10. 長野
[没]1961.9.7. 東京
東洋史学者。 1899年東京大学文科大学漢学科を卒業。ドイツに留学。 1907年,東京高等師範学校教授。 29~40年東京文理科大学教授。 41~43年満州国軍官学校教頭。 55~61年東京女学館短期大学教授。著書に『支那史籍上の日本史』『唐音十八考』 (1931) ,『読史広記』 (33) ,『日本文化と儒教』 (35) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山久四郎 なかやま-きゅうしろう

1874-1961 明治-昭和時代の東洋史学者。
明治7年2月10日生まれ。ドイツ留学後,広島高師,東京高師の教授をへて昭和4年東京文理大教授。この間東京帝大講師,同大史料編纂(へんさん)官をかねた。昭和36年9月7日死去。87歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「読史広記」「支那史籍上の日本史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中山久四郎の関連キーワード昭和時代明治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android