中山秀三郎(読み)なかやま ひでさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「中山秀三郎」の解説

中山秀三郎 なかやま-ひでさぶろう

1865*-1936 明治-昭和時代前期の土木工学者。
元治(げんじ)元年12月24日生まれ。イギリスなどに留学し,明治31年母校東京帝大の教授となる。内務・逓信技師をかねて港湾工事につくした。学士院会員。昭和11年11月19日死去。73歳。三河(愛知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android